マレット指変形

症状

突き指によって生じる事が多く、第一関節が伸ばせなくなります(自動伸展不能)。症状がすすむと第一関節は曲がり、第二関節は反り返るようになります(スワンネック変形)。

病態

主に2つの病態があります。一つは腱断裂によるもので、指を伸ばす腱が第一関節(DIP関節)で断裂しておこるものです(腱性マレット)。他方は末節骨の骨折によるものです(骨性マレット)。

治療

腱性マレットは装具を用いた保存的治療あるいは鋼線による指伸展位固定などが有効です。まれですが、手術を行う場合もあります。一方、骨性マレットは手術による骨折の整復が必要です。多くはX線透視下で鋼線により固定します。

受傷してから時間が経過している場合は、保存的加療は困難であり、病態に関わらず手術加療が必要になります。

腱性マレット用の装着の一例です。

骨性マレットに対して行う手術のイメージ図です。鋼線を用いて、ずれてしまった骨片を整復します。

四谷メディカルキューブロゴ

Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.