女性ホルモンと手の疾患について

手の外科を訪れる患者様の大半は女性で、その大半が40歳以降の方たちです。その多くはヘバーデン結節やブシャール結節、手根管症候群などですが、まだ特徴的な画像所見がない時期などに病院を受診しても、「何もない」「使いすぎ」「年のせい」などと言われ、なすすべもなく、ただ我慢している方も多くいらっしゃいます。最近の知見で、このような症状に女性ホルモンが関与していることがわかってきました。(図1)

(図1)ヘバーデンおよびブシャールの手の写真

女性ホルモンには大きく分けて2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。このうちエストロゲンは、女性の健康とは切っても切り離せない関係にあります。その代表的なものが更年期障害です。エストロゲンの量が絶対的に減ることによって、ホットフラッシュなどの症状が起きることはよく知られたことですが、手指の不調が起きることはあまり知られていません。エストロゲンが低下すると、関節や腱の周りにある滑膜という組織が腫れます。関節の滑膜が腫れれば、関節炎が起こりやすく、腱の周りの滑膜が腫れれば、腱鞘炎やそばにある神経を圧迫してしびれが起こりやすくなります。つまり、ヘバーデン結節やブシャール結節、ばね指・腱鞘炎、ドケルバン病、手根管症候群は、全てエストロゲンの低下が引き金となって起こっているのです。(図2)(図3)

(図2)エストロゲン変化の図

(図3)手疾患の図

そうならば、エストロゲンに代わるものを補えば症状の予防になるのではないかと考え、更年期障害に有効とされるものを当院ではさまざま試してきました。最近になり、大豆イソフラボンから作られるエクオールという成分が、乳がんのリスクなくエストロゲンの代わりとして使えることがわかり、当院ではエクオールによる治療および予防をおすすめし、一定の効果をあげています。(図4)

(図4)エストロゲンとエクオールの構造式の図

しかし、症状の進んだ方にはエクオールだけでは対応できないこともあり、そのような場合にはステロイド注射や手術療法など、できる限りの治療をご提案させていただいています。詳しくは各疾患別のページをご覧ください。

また最近、ご家族に手指の変形がある方は手指の不調が起こりやすいことがわかってきました。そのようなご家族をお持ちの方は、ご自分の手指の変化に注意して、予防としてエクオールをとられてみてはいかがでしょうか。歯科治療も一昔前は虫歯の治療が中心でしたが、歯について正しい知識が広まるにつれ、昔のようなひどい虫歯は少なくなり、予防医療が中心となってきました。手指についても、正しい知識を身につけて、適切な時期に適切な治療を始めることが大切です。あきらめないで、できることから始めていきましょう。

四谷メディカルキューブロゴ

Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.