へバーデン結節

症状

指の第1関節(DIP関節)が腫れたり曲がったりして痛い。痛みのために手指を強く握ったりできない。形が悪く、人前に指をだしたくないという患者さんも多くおられます。水ぶくれのような膨らみ(粘液嚢腫)が出てくることもあります。

病態

一般に40歳以降の女性に多くみられ、女性ホルモンのゆらぎや低下が原因の一つと考えられています(女性ホルモンと手外科疾患)。関節の変形だけでなく、痛みが強く出ることもあり、日常生活に支障をきたします。X線では関節の変形、関節裂隙(かんせつれつげき)の狭小、骨棘(こつきょく)がみられます。

治療

初期であれば、エクオール含有食品(サプリメント)の摂取やテーピングが有効です。また、変形性関節症の患者さまには冷え性の方が多いので、末梢循環改善剤の投与が効果を示す場合もあります。テーピングだけでは痛みが引かない場合はステロイド剤の関節注入が効果的です。これらの保存療法が効かない場合や変形が高度な症例では、手術によりDIP関節の形成あるいは固定を行います。固定はスクリューを用いて行います。術後、DIP関節は動かなくなりますが、二番目の関節が正常に動いていれば、痛みなく指が動かせるようになり日常生活は非常に楽になります。

中指のへバーデン結節に対して、関節固定を行いました。左が術前、中央が術後です。

痛みは消失し、さらに指が細くなるため、整容面でも改善がみられます(白矢印)。

右はスクリューを挿入した後のレントゲン画像です。

四谷メディカルキューブロゴ

Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.