中手骨骨折

症状

壁を殴ってしまったり、転倒した際に握りこぶしの状態で手を床についてしまった時に骨折します。手の甲の先端の腫れと指を曲げた際の強い痛みがあります。

病態

手の甲の中にある5本の骨を中手骨(ちゅうしゅこつ)といいます。環指と小指に中手骨骨折を受傷することが多く、レントゲン検査で中手骨の遠位(先端側)が折れて、偏位していることが確認できます。手掌側に倒れこむように偏位するため、レントゲンでも側面像を撮影することが必用です。

治療

偏位の程度で治療法が異なります。偏位が小さければ安静目的のギプスによる保存的加療を行います。一方、偏位が大きい場合は手術での整復と固定を行います。鋼線による固定、あるいはプレートを用いた固定を行います。

小指の中手骨頸部骨折です。

先端が折曲がっていることが確認できます(白矢印)。

四谷メディカルキューブロゴ

Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.