テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

症状

動かすと肘の外側が痛く、腕を捻ったり伸ばしたりすると痛みは増強します。タオルを絞ったりすることがつらくなります。

病態

手首や指を伸ばす伸筋群が上腕骨に付着しており、その部分が炎症を起こしているものと思われます。テニス肘という名前がついていますが、テニスとは無関係に発症します。中指を伸展させた状態で他動的に屈曲させたり、手首を他動的に屈伸させて痛みが誘発されればテニス肘と診断できます。

治療

保存的治療は安静・湿布とテニス肘用バンドの装着です。テニス肘用バンドはスポーツ店や病院で手に入ります。また、麻酔薬入りステロイド剤の局所注射も効果があります。このような治療の抵抗例に対しては、筋膜切開術や滑膜切除術を行うことがあります。

四谷メディカルキューブロゴ

Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.