ドケルバン病

症状

手首の母指側に腫れと痛みが生じます。母指を伸ばしたり、曲げたりすると疼痛は増強します。

病態

この部分には第一コンパートメントという腱鞘があり、その中を短母指伸筋腱と長母指外転筋腱という親指を動かす腱が2本滑走しています。腱鞘が肥厚すると腱の滑走が障害され炎症(腱鞘炎)がおきます。パソコン作業を多く行う人やスポーツマンなど、母指をよく使う人にも多くみられますが、妊娠時・産後・更年期のエストロゲンが低下している女性に多くみられ、女性ホルモンのゆらぎや低下との関連が考えられています(女性ホルモンと手外科疾患)。この年代の女性が新生児の首を押さえながら抱っこするなど、母指で何かを長く支える姿勢を続けると発症しやすいです。

治療

症状の程度によりますが、軽症であれば、安静やエクオール含有食品(サプリメント)が有効です。母指と手首に包帯やサポーターを巻いて母指の動きを制限するだけで効果があります。冷湿布も効果があります。中等症以上では、ステロイド剤の腱鞘内への局所注入が劇的に効果を示します。

手術方法としては小切開からの腱鞘切開があります。エクオール含有食品(サプリメント)の摂取やステロイド剤の局所注入の効果があるため、最近は手術例が減少しつつあります。

赤矢印が、ドケルバン病の原因となる腱鞘

(第一コンパートメント)です。

同部位に痛みが出現します。

四谷メディカルキューブロゴ

Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.