ガングリオン、粘液嚢腫

症状

手の甲、手首の内側、手掌にグリグリとした膨らみができたりします。多くの場合が痛みはありませんが、手首の甲にできると神経を圧迫するため手をついて立ち上がるような時に痛みがあります。粘液嚢腫は、指の第1関節(DIP関節)にできるガングリオンのことです。

病態

関節包や腱鞘から発生すると考えられています。手首や手のひら(指の基部)に好発します。必ずしも手をよく使う人に出るとは限りません。粘液嚢腫は、DIP関節の変形性関節症(へバーデン結節)によく合併します。ガングリオン自体に痛みはありませんが、ガングリオンのふくらみにより神経を圧迫した場合は痛みやしびれが出現します。また粘液嚢腫が爪を作る爪母を圧迫する場合は、爪の陥凹変形を生じます。

治療

痛みを伴わない場合は放置しておいてもかまいません。関節や腱鞘の炎症が原因で起こるため、エクオール含有食品(サプリメント)の摂取で関節炎や腱鞘炎が改善することにより、ガングリオンも改善することがあります。神経の圧迫症状が出る場合は、ゼリー状内容物を抜き取ったり、ステロイド剤を注入したりします。再発を繰り返す場合は手術により摘出します。一方、粘液嚢腫の場合はDIP関節の変形性関節症により発生した骨のトゲ(骨棘)を削除するだけで治癒することが多くあります。また「へバーデン結節」の項で述べているような関節固定を行うこともあります。

爪の基部に出現した粘液嚢腫です。 

粘液嚢腫により爪が陥凹しています。

手関節に出現したガングリオンです。

四谷メディカルキューブロゴ

Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.