ばね指・腱鞘炎

症状

指が動かしにくい、動かそうとするとひっかかるようなバネ現象が見られます。進行すると指は曲がったまま伸びなくなります。中指と母指に多くおきますが、どの指にも起こりえます。更年期・妊娠時・産後の女性に多いですが、男性にも起こります。糖尿病・透析患者にも多くみられます。

病態

指を曲げる屈筋腱は腱鞘というトンネルのような筒の中を滑走しています。何らかの原因で腱や腱鞘が腫れると腱の通過障害が起き、指が動かしにくくなります。

治療

局所の安静が必要です。また、多くの場合、ステロイド剤を腱鞘内へ局所注入することで効果を示します。数回のステロイド剤局所注入を行っても繰り返し発症する場合は手術の適応となります。手のひらの小さな切開から狭窄した腱鞘を切開します(腱鞘切開術)。この手術でほとんどの患者さんの症状がよくなります。しかし、一部の患者さんで痛みが続く場合があります。これは長年の腱の炎症により、指の関節に緊張がかかった状態が続いていることが原因です。このような患者さんには、屈筋腱(指を曲げる腱)を1本切離する手術(浅指屈筋腱切除術)を行います。屈筋腱は1本の指に2本ずつ存在するため、指が曲がらなくなることはありません。腱切離術後は少し細かい動きができなくなりますが、数か月で慣れますし、何より痛みがなくなるため、指が使いやすくなります。

写真は示指に対して浅指屈筋腱切除術を施行した術後の状態です。2か所の小さな切開のみで行うことができます。

四谷メディカルキューブロゴ

Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.